良質な英会話学校の見極め方

英会話学校に通って、英語が話せなければ意味が無い。ただ単語を喋れるようになっただけや挨拶ができるようになっただけでは駄目なのです。高い授業代を支払っているのだから、話せるようになるのは当然の権利です。
私は英会話学校では無いですが、短期間、海外で英会話を学ぶための授業に通っていた経験があります。海外渡航中だったものですから、すぐに習った英語が話せるようになることを実感しました。自分でも出来るだけ努力するのですが、その大半は英会話講師の力だったとも思っています。
第1に、英会話の授業は何があっても英語だけで進めていくべきです。日本語で英語を説明することは、自分の中での解釈はあっても良いと思いますが、英語教師から日本語での説明は英語を話す上で、あまり必要ないものだと思います。英語で説明できない日本語があると同じように、日本語で説明できない英語があります。文化や生活が違うのですから、当たり前のことなのですが、英会話学校の一部では、文法や英語圏の習慣を日本語で話す講師がいます。日本に住んで長い講師が日本語を話せるのは仕方ないですが、授業で英語を話すことは控えるべきです。義務教育などの英語学習の初期段階では、英語を学ぶきっかけ作りには良いですが、良い大人たちが日本語で議論していても何の役にも立ちません。英英辞典のように英語を英語で解釈するような英語脳を持つことが、英語を理解する一歩だと思います。
第2に、英会話の授業の資料も全て英語だけであること。イラストやグラフなどを使えば、英語だけの資料と言っても難しいことはありません。あとは生の英語をたくさん聞いて、わかるまで意味を聞き直したりして外国人講師とのコミュニケーション能力を高める必要もあります。出来れば、英会話学校の中に日本語で相談できるアドバイザーがいたら良いと思います。英語だけの授業で不安を感じること疑問に思うことはたくさんあるでしょうから、どうしても理解し難い問題にぶつかったときに相談できる人がいた方が心強いものです。
私はこのような方法をする英会話の授業で、ほぼ1か月で自然に英語が出てくるようになりました。勉強期間はたったの3か月でしたが、英語に対する恐怖がなくなり、他の語学に対しても積極的に使うことができるようになりました。それは英語を教えてくれた講師の方の力と、短期間で自分より少し高い壁を乗り越える力を付けたからだと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です